プロフィール

☆AKINAVI☆

Author:☆AKINAVI☆
2人の息子はすでに独立、
旦那&3マル暮らし


趣味:ズンバ・ゴルフ
   加圧トレーニング、
   グルメ探訪
   温泉旅行
   

最近少しお疲れぎみです(笑)
気ままにBlog更新していきますが
ヨロシクお願いします。

~マルチーズ3姉妹~
◆きなこ:2004.12.15生(9歳)
◆あんこ:2005.2.18生(9歳)
◆ヴィヴィアン:2006.3.10生(8歳)


*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚

◆Nana:1995.2.22生
      ~2011.9.26(亨年17)
*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンちゃんの食べ物に関してはいろいろな考え方があって

いつもその理論を読むと悩んでしまうワタシです。

添加物はない方がイイ・・とか、

人間が食べれるレベルの素材を使用する・・とか

この辺くらいまではお値段気にしなくてイイなら

その方がイイとはド素人のワタシでもわかりますが


ワタシが悩むのは成分の配分

ワンコは元々は肉食系という話から、

消化に繋がる人間と腸の長さの違い・・・

そこまでも何とかわかる・・・ような・・・

ワタシが有名な手作りを推奨してる獣医師の本を読み

得た知識とは少し違う理論

『Butch』
s-DSC00498.jpg

ご興味ある方はクリックしてみてください『Butch』

お試しに少し取り寄せてみたワタシです。

うちのワンコは残さず何でも食べますし、ウ○の状態も良いので

理論を考えない限りは何もわかりませんが


相変わらずいろいろ食べさせてしまうワタシです





話は変わりますが、

皆さんは『進行性網膜委縮』ってご存知ですか。

進行性網膜萎縮は、網膜が萎縮して正常に働かなくなる遺伝性の病気です。
初期は夜に目が見えづらくなり、しだいに日中でも見えなくなって、
やがて失明してしまいます。
初期のうちは外見上、正常な目と見分けがつきません。


調べると“かかりやすい犬種”にマルチーズの名前は入っていません。


この『Butch』を教えてくれたワン友さん家の話なのですが

こちらでは子供を産ませたくて時期は違いますが

♂&♀の2頭を同じところからお迎えしています(血統的には夫婦になっても問題はありません)

2年前に初めて出産して、2度目の出産の子を残すつもりでその時は知人に手放しました

その時産まれた1頭が今回、目の異変を感じて病院に行くと、

精密検査を受けるようにと眼科専門医のいる病院を紹介され

まだ2歳だというのに『進行性網膜委縮』と診断されたらしいのです。


獣医に『遺伝性の病だから繁殖者に伝えるように』と言われたらしいです。

ワン友さんは当然これ以上の繁殖はしませんが

その血を持ってるワンコ達は世にはたくさん出てるらしく

どこかでまた出るだろうと心配しています。

もしかして最悪将来マルチーズのかかりやすい病気の一つに

コレも入るようになるのも無きにしもあらずで・・・



遺伝性の病気でワンちゃんと闘病してる飼い主さんたち・・・

ワタシ自身も数人知っていますが、

費用もかさみますし、何より可哀想だったりで

とても御苦労なさってるのを知っています

いずれの飼い主さんも

『我が家に来たのはご縁だ』と・・・

きっとワタシもそう思うことでしょう。




何とか防げなかったものなのかな・・って

幸い、進行性網膜委縮は痛みを伴わなく、

以前見えてた世界が徐々に悪くなり、しまいには失明・・・

現在の飼い主さんも『ワンちゃんは視力より嗅覚で生活してる部分が大きいから』と

言ってくださってるらしく、

その飼い主さんが異常を感じてすぐに眼科医まで診せに行ってくださったことが

何よりありがたい・・と話してました。

ワン友さんとその飼い主さんとはトラブルことなく

ワンコのこれからを話合っていける仲みたいなのでホント良かったです。



ただ、そのワン友さんが.....

譲り受けたブリーダーさんにこの件をお話できないらしいのです







『繁殖』

それは大変難しいことなのかもしれないけど

今後起こりえることを脳裏に置いて努力するのと、しないのとでは

大きな差がでると思います

繁殖さんが知らずにいることも多いかと思うので

少なくても、譲った後でも情報交換(交流)していくことが理想ですよね~

それから・・・これは勇気がいりますが、

譲って頂いた方も遠慮せずにワンコのその後をお話をするのも必要になる事かと思います

    あ~でもこれはホント難しいですよね~

    ヘタするとクレームっぽく思われがちで
 
      関係が気まずくなることもあるかもしれませんし・・・






当然のことなのでしょうが、

異常や病を知っていながらの繁殖は辞めてほしいものですよね。





スポンサーサイト

<< お盆・まった~り♪ | ホーム | 気分転換~(*^_^*) >>

コメント

私も少なからず産ませていますが
やはり健康一番ですよね
どんなにクオリティが良くても健康一番を考えて繁殖していただきたい
遺伝は本当に小さいことから大きなことまでしますからね ヴィヴィちゃんは健康優良児で良かったです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mojecaさんへ♪

おかげ様でヴィーは花マル健康優良児です(*^_^*)
年齢と共に出てくるモノはある意味仕方ないと覚悟していますが、その方は2歳という若さで出てることや遺伝性のほか何ものでもないという医師の言葉にショックだったみたいです(-_-)

偉そうなこと書きましたが
少なからず無防備に繁殖されてる方たちへ届かぬワタシの願いでもありました<(_ _)>

非公開さんへ♪

はい同感です!
とても難しいことですね(涙)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。