プロフィール

☆AKINAVI☆

Author:☆AKINAVI☆
2人の息子はすでに独立、
旦那&3マル暮らし


趣味:ズンバ・ゴルフ
   加圧トレーニング、
   グルメ探訪
   温泉旅行
   

最近少しお疲れぎみです(笑)
気ままにBlog更新していきますが
ヨロシクお願いします。

~マルチーズ3姉妹~
◆きなこ:2004.12.15生(9歳)
◆あんこ:2005.2.18生(9歳)
◆ヴィヴィアン:2006.3.10生(8歳)


*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚

◆Nana:1995.2.22生
      ~2011.9.26(亨年17)
*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごめんなさいね~~~



の足です
s-DSCN3502.jpg

5年前に心源性脳梗塞を患ったは 麻痺が残っています。

右目の失明以外にも右側の麻痺が強く、

足は攣った時のように、足の指がキュッ!とくっついてしまってて・・・(左右とも)

ワタシが開いてあげようとマッサージしても、
力が入ったように攣れてて、痛々しいんです



なのでデイサービスから帰宅すると 毎日こうやって指と指を離してあげます。



女性がペディキュアの時に使用するアレです

これが気持ちイイんですって




これ、100均で買いました




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

タグ : 介護 脳梗塞 麻痺 攣る 100均

10月12日(水)はお孫ちゃんのお誕生日でした




1歳のBarthdayなので
      記念にみ~んなで箱根にお泊まりに行きました
s-DSCN0029.jpg
次男、      スメちゃん&孫、 お嫁ちゃん、  お嫁ちゃんのママ
 (ヴィヴィ抱っこ)          (あんこ抱っこ)   (きなこ抱っこ)

             おとな5人、幼児1人、ワンコ3頭 です






芦ノ湖畔で・・・
s-DSCN0027.jpg
スメちゃんと孫           髪の毛の薄さが似てるっ





滅多に撮れない3ショット、親子3代。。。
s-DSCN0028.jpg
スメちゃん&孫&次男      (似なくていいとこは似ないでよ)






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:*:.。..。.:*・゚





ギャルズが一緒だったので、ワタシたちはドッグルーム
s-DSCN0058.jpg

残念ながらペットルームはどこも簡素です


次男家族&お嫁ちゃんのママは本館の和洋室で・・・

お孫ちゃんハイハイ大好きだから畳のお部屋は必須です


次男&お嫁ちゃんがプール&カラオケしてる時間は
                  幸せの子守りTIME




ねぇ~~~見てみて~~~

ワタシがカメラを持って、声をかけると
s-DSCN0069.jpg
                       お孫ちゃん、こんなに笑顔



なのに、スメちゃんがカメラ持って声かけても・・・
s-DSCN0075.jpg
                 お孫ちゃん、少し緊張ぎみ・・・よね


ぐふふ・・・完璧にワタシには懐いてくれてる
                    (懐く・・・だなんてペットみたい)



最近ね、前歯上下とも歯が生えて、痒いみたいでね、
            志村けんみたいな『アイーン!』ってお顔をするの






夕食は お孫ちゃん騒ぐといけないから大好きなフォーマルコース諦めて

カジュアルダイニングの方を選択
           (こちらのお部屋はざわついてるの)





食べないのわかってたけどキッズプレート頼んであげたの
s-DSCN0082.jpg
案の定、これは次男が平らげました



食事中は交代で頂いてバタバタ忙しかったけど、食べ終えてからは。。。

お待ちかねの

ハッピーバースデー♪ お孫ちゃ~ん♪
s-DSCN0095.jpg



もう1歳 だなんて 早いなぁ・・・





パパとママに挟まれて、幸せなバースデー
s-DSCN0104.jpg




少し飽きて愚図りそうだったのに、ケーキ見たらおとなしくなって・・・





そのあと、ケーキの上のイチゴを気に入ったようで 大きなお口
s-DSCN0125.jpg
                        汗かいて下着姿に


『あ~~~ん♪』



s-DSCN0126.jpg
                   髪の毛 なかなか濃くならないの


『あ~~~ん♪』



s-RSCN0186.jpg
                     でも色白なんざんすよ




『あ~~~ん♪』 『あ~~~ん♪』

・・・って、たくさんの可愛い~『あ~~~ん♪』
                  お写真におさめることが出来ました






ポチッ!と応援ヨロシクね
   
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ



少しだけ続きがあるよ

続きを読む »

『軽自動車だったら命の保証はなかった』

      そう、警察の方に言われたそうです

s-__.jpg
長男の愛車・・・


朝の通勤時に保土ヶ谷バイパスで事故にあいました(長男が)

車内のエアバックはすべて出てたらしいです


お写真では見えてませんが、車体左部分はグッチャグチャ・・・

左ハンドルなので、病院から無事の連絡あるまで心配で心配で




長男は1番右車線を流れにそって走ってただけ、

ただそれだけなのに・・・

左横を走ってた4tトラックがいきなり90度の角度で

車線変更をしてきたらしい

   トラックの不注意   許せないっ





自分ではどうにもならない、それが『事故』

生きてる中で、いろいろな事を、望まなくても経験・体験してしまう、

だけど、それはその中で何かを悟るようにとの

           ある意味『教え』のような気がします





以前から事故の怖さなどを普段の話の中で言い聞かせたりもしてたけど、

若い彼は 全然、受けて止めてない



経験・体験しないとピンッと来ない事が多いものです
           (いぇいぇ今のワタシもそんなところありますが・・・)


さすがにこれからは運転や事故を甘く見ないとは思うけど、

長男には可哀想だけど『イイ勉強になったね』そう言いました



今回 無事であったことは目に見えない何かにいろいろ護られてるような、

ワタシはそんな感じがしてなりません。




本人も鳥肌が立つほどその部分を感じたらしく・・・

どうか、無事だったことに感謝して

大切に大切に 生きて・・・ほしいです







双方80キロ~90キロくらいスピード出てた中での事故、

2次災害がなくて、そしてケガ人も出なくて、本当に良かった
      



        無事であったことに心から感謝します<(_ _)>





いつも渋滞の保土ヶ谷バイパス、

    この件で多くのドライバーにご迷惑おかけしたことは言うまでもないことです





自身の不注意でなく周りにいる車の不注意でも事故は起こるもの

どうか皆さんも是非 車間距離はあけて、制限速度守って・・・

気をつけて運転してくださいね。
              (ワタシも・・・)


ペットパラダイスから

         お洋服が届きました



s-P1070558.jpg





今年はお洋服もう買わない!って思ってたけど、


   このセーターだけは許してくだしゃいまし~~~



s-DSC00969.jpg



ハートが可愛い~だけじゃなくて・・・



s-DSC00965.jpg


ほら、この裾のボンボンが

    ワタシのツボをくすぐっちゃいましたの~





s-DSC00963.jpg





寒くなってもお散歩もお出かけも沢~山しますよ~







続きを読む »



いたたまれない気持ちでココ(Blog)に来ています





昨日、父が通っているデイサービス(クリニック)に行きました。



父の通っているデイサービスは下がクリニックになっていて
上がデイサービスになっています。

脳梗塞の後遺症で失語症になり高次脳機能障害と認定されてる父は

時々表現できないことに苛立ち、感情コントロールが出来なくなる部分もあるのですが

こちら側の話は理解できるので軽度に近いモノと思われます。

ですからわかり合える家族の中では感情も乱れにくいものですが・・・

その父もデイでは他人様と少しぶつかってしまうようなこともあり、

主治医 兼 デイのオーナーの息子であるクリニックの医師に

デイに行く前にだけに軽い精神安定剤を服用することを勧められたのが

6月の中旬の出来事でした。


初めて処方されたものは『アビリット50mg』

細かいことにイライラしなくなり気持ちが穏やかになると説明され、

言われた通りに飲ませてはいましたが、これと言った副作用もなさそうで、

私としては『これでデイでのトラブルが軽減されるのならいいのかな・・・』

とも思っていたのです。

ところが、それから1ヶ月経った7月の中旬ごろから

父の様子がおかしくなり・・・

   異常に眠る、

   反応が遅い

  運動(リハビリ)をしない、

  歩行がフラフラして危ない・・・



母は『今年の夏は異常に暑いから夏バテかしら?』と・・・。

確かにこの暑さでは張り切ってた早朝のお散歩に行くのも

面倒に感じるのかも・・・と同情したり・・・

でも、会うたびに弱々しくなっている歩行姿を見て、

『寝てばかりでリハビリを嫌がってるからかしら?』と気になったり。


デイからの毎日の報告も

『今まで30分だったお昼寝に2時間以上も寝てしまう』とか、

『大好きだったリハビリを嫌がるようになって来た』と・・・

ですから『もしかしてこれが認知の始り?』と余計な心配をするくらい

父の様子はおかしく・・・本当に心配していたところでした。



そんな中、8月3日の朝、自宅のトイレで父が転倒してしまったのです。

怪我はなかったのですが、麻痺があり膝が効かない父を

母1人で起こすのは大変だったそうです。

その後、9時のお迎えのデイサービスの時まで異常が見られなかったので

普通どおりにデイには行ったのですが、

その日の午後3時頃、デイから電話がかかってきて・・・

『お昼寝から起きたら様子がおかしく病院で診てもらいたいと本人も言ってるので

来てください』というスタッフからの電話。

母はすぐにタクシーに乗り出向いたそうです。
 →(病院と言ってもデイの階段を下りれば医院なので、デイと同じ場所なのですが・・・)

医者(デイのオーナーの息子)から母が言われたことは

『あ~、やはり出ましたか?

薬を少し強いモノに変えたので

               出るかと思ってましたよ』と・・・


薬を変えた

  いつ

          何も聞いてないけど・・・

      






聞くと、7月の中頃、デイのスタッフに父の状況を聞いたところ

変化がない!と言うので、7/15から少し強いモノにした・・・と言うのです。


自宅では、最近こそは元気がないモノの、アビリットが出てからは落ち着いてるし

というかハッキリとした変化はなかったのだけどトラブルはなく

お薬(アビリット)のおかげか?穏やかに暮らしていたので

まさか、まさか、お薬を変えたとも思いもせず・・・
→(お薬は降圧剤などを含め10錠近く飲んでいて、
            すべて一包化してるので変わったのはわかりません)

知らない間に家族である私達に何の相談も報告もなく『アビリット』から『メイラックス』に

処方を変えてたのです。

父が寝てばかりでヤル気が失せ、歩行がフラフラし始めたのは

7月の中旬くらいからでしたから、

それらはお薬を変えたからだったんです

何故、家庭での生活に支障はないのにデイのスタッフの報告だけで

お薬を強くした?のか?

家族に何の相談もなく精神薬を強める権限がどこにあるのか、

そのような契約内容ではないのに・・・

百歩譲ってお薬を強めたことに目をつぶって考えても、

変えた事実は報告するべきだし、

起こりえる副作用や状態の説明はするべきだし、

精神薬は効き目が人によってかなり違うから

尚更、家族やスタッフに薬を変えてしばらくは見守りを強くするようにとの指示も必要だし、

様子がおかしければすぐに連絡するようにとの伝達もしておくべきだし、


転んで怪我はなかったモノの、もし骨折でもしていたら

老人には致命的です。


確かにお薬の件さえ知っていたならば、すぐに出た父の反応を

早い段階で医師に報告することが出来たのに・・・と。

その辺のことを抗議するために行ってきたのです。



それなのに、それなのに・・・


悔しくて仕方ありません


  ふんぞり返った態度で(医者なのにメタボ)

『自宅で問題なく生活できても、デイで出来ないなら関係ない、、

そのために処方した』

『責めてはいませんよ責めてはいませんけど○○さん(父)のせいで

今までに利用者さんが2人も辞めたんですよ。

こちらも商売ですからね~~~

このような状態が続くと今度は○○さん(父)に辞めて頂くようになる。

だからその対処法としてアビリットでは変化がないとスタッフが言うので

少し強い安定剤を試しただけ』と・・・





          涙が出そうになった・・・



この明るくて優しい父が、病気のせいで言葉が出ない苛立ちでトラブルだして、

そのせいで利用者さんが2人やめた・・・?ホント?

・・・事実かもしれない、

事実かもしれないけど、

それは病気のせい・・・

何も父はわざと言葉が出ないわけじゃない・・・

自分より半分くらいの年齢の若造医師にこんな言い方されて、


         可哀想・・・

   アンタは何さま???

   アンタも失語症になって不自由な思いを知ればイイ・・・




家族に相談もなく、説明もしなかったのだから

『精神薬によるデイでの身体拘束』の可能性もなきにしもあらず・・・

        と、受け取ることだって出来るわ・・・

  だって、毎日毎日お昼寝に2時間以上も寝て

元気だったのにヤル気をなくして大人しい父の姿は

スタッフは医師には2週間以上も報告してなかったんだから・・・


  大人しくてさぞかし助かってたんでしょ

 そう思えちゃいます・・・



『普通のデイサービスは精神薬なんて身近においてないから

  そんなに風に使えないよ、ううん、使わないよ』と

介護関係の仕事に従事してる友人から言われました


『第一、デイサービスは何らかしら障害のある介護の必要な利用者さんばかりだから

そんなにスムーズに事が運ばないことは初めからわかってることで

引き受ける前に調査や面接もしてのことだからね、

トラブルになりそうなことを見守ってたり、仲裁したりするのがお仕事の一つでもあるわけ。

○○ちゃんのお父さんは言いたいことの言葉が出なくて気が立つこともあっても

入浴もリハビリもちゃ~んと頑張ってるし、

今頃になっていろいろ利用者さんを責める言い方は

デイ側の怠慢か勉強不足だね・・・』って。


   この言葉に救われたワタシでした



独断と偏見の心ない医師の言葉に

            信頼はゼロ



人・・・って、思いやりや、ほんの少しの言葉の使い方、心遣いで

こんなにも不快になったり、傷つけられたいするんですね。

何も私は安定剤を変えたことをど~のこ~の言ってるワケではなかったのですよ。

相談と報告をしていただきたいと・・・



医者という立場、介護施設のオーナーとしての立場で

高飛車でいるその態度でその人間性を観た・・・という感じです。

そんな気持ちの人間がオーナーである施設に、

なにが心のこもったお世話が出来ますでしょうか。



経営の理念を疑います。

やめます!!!

いぇ、やめさせます!!!

そして、心のある通所介護施設を探してみせます!!!


両親には悪いけど、

今まで通り実家には行くけれど、

あのデイサービスに通う限りは関係することはすべて弟夫婦に託します。

   心の通わない、あの医者を主治医と認め、
  
   デイでお世話になっていると思いたくもないのです




    久しぶりに感情的になっています




         疲れた・・・


| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。